ブランデンタルクリニック加西|イオンモール加西北条の歯医者・歯科|兵庫県加西市の歯医者・歯科|ブランデンタルクリニック加西

MENU
ご予約・お問い合わせ Tel.0790-42-3888

〒675-2312
兵庫県加西市北条町北条308-1
イオンモール加西北条1F

ブランデンタルクリニック加西|イオンモール加西北条の歯医者・歯科
  • HOME
  • ブランデンタルクリニック加西|イオンモール加西北条の歯医者・歯科

ブランデンタルクリニック加西とは

 私たちは来院してくださる皆さまのお困りごとに関して、できる限り詳しく説明をさせていただくようにしています。

 時には話が難しくなり、時には話が長くなり…。ごめんなさい、それは話好きの私たちの悪いクセかもしれません。

 ご自身の『歯』を知ってほしい、ご自身が患っている『歯の病気』を知ってほしい、ご自身の歯を任せる『歯科医師』を知ってほしいと思っています。なぜなら、皆さまのお困りごとを改善するための第一歩、それは“知ること”なのです。

 私たちが日々戦っているのは虫歯や歯周病という目に見える病気ではありません。それらの病気を引き起こしている細菌という目に見えない敵です。目に見えない敵と戦うということはとても大変なことで、正直なところ毎日が不安と安堵の連続です。

 少なくとも約20万年前のネアンデルタール人の化石から虫歯らしきものが見つかっていることから、それはあまりにも長い歴史の戦いなんだと言えます。

 人に『歯』が存在する限り、虫歯や歯周病との戦いは続きます。20万年という虫歯の歴史を鑑みれば80年とはなんとも短い期間ですが、私たちもも皆さまも今この瞬間の長い長い80年が大切です。

 長く続く戦いの毎日と、そこから生まれる不安と安堵から得たもの、それは使命感と向上心です。長い虫歯の歴史から見れば私たちはまだまだ未熟です。だからこそ使命感と向上心を体現することをミッションとしています。

 そんなブランデンタルクリニック加西が考える皆さまのかかりつけの歯科医院としてあるべき姿は、次のようなものです。

歯の病気になる前に私たちができること

 歯は穴が開いたり失ったりしても再生するものではありません。再生医療の技術は確かに進歩してきています。将来は失われた歯や歯の一部を再生することは可能になるかもしれませんが、現在は不可能です。

 できれば歯に穴が開く前に、歯を失う前にできることを実践していきたいです。そのお手伝いをできるのがブランデンタルクリニック加西です。

 お手伝いと書かせていただきました。実は私たちだけ頑張っていても、あるいは皆さまだけがお家で頑張っていても、歯の病気予防を実践することは不可能です。私たちと皆さまとが共に頑張ることで歯の病気予防は可能となります。皆さまの頑張りをセルフマネージメント、私たちの頑張りを医療マネージメントといいます。

 私たちの目指すところはセルフマネージメントと医療マネージメントで生まれる相乗効果です。

歯の病気になってから私たちができること

 誰だって歯の病気になりたくないです。多くの患者さまが歯科医院に行く理由は、よくよく困っているからです。もっと言えば虫歯や歯周病になっているのは分かっているけど、さほど困っていないから歯科医院には行かないのです。心配しないでください。歯科医院に通い始める理由は、ほとんどの皆さまが同じだと思います。

 歯科医院に行けない理由もちゃんとあります。時間がない、怖い、歯科治療に嫌な思い出がある、などなど。

 私たちが日曜日・祝日に開けていたり、夜遅い時間まで診察したりしているのは歯科医院に行きたくても行けない方のために少しでもお役に立ちたいという願いからです。初めて来られた時に詳しくお話をお伺いするのは、恐怖心や不信感をできるだけ払拭してさしあげたいからです。歯のお困ごとは急に起こることもあります。そんな時に少しでも多くの方の対処ができる体制維持を常に心がけています。

歯の病気でなくても私たちができること

 痛い、壊れた、食べることができないという状態を改善するだけが、歯科医院の仕事ではありません。歯を白くしたい、歯並びをきれいにしたいなどのご希望に応え、皆さまの人生を豊かにすることも歯科医院の大切な努めです。ホワイトニングのご提案をさせていただく、矯正治療チームとの連携を深めるなど、より多くの皆さまの人生を豊かにするお手伝いができるようにしています。

 患者さまから「日曜日や祝日も診療していつ休んでるの?」「遅くまで診察して大変だね」など優しい言葉をかけていただくことがあります。ところが別に大変などとは思っていないので、お返事に困ります。大変だと思わないのは、当院に来ていただいている患者さまのほとんどが私たちと一緒に病気と戦っている仲間だからです。一人で戦っているのではないということは大変心強いですし、私たちも同じように思っていただける存在でいられるよう、これからも日々精進していきます。